Return to site

炎上必至 高杉晋作、不倫を詠む

“ 戯作(高杉晋作) ” ― 『日本の漢詩文』

芸能人に政治家、いたるところに文春砲が炸裂している昨今なので、私も文春砲にならって、高杉晋作が正妻と愛人の対面をふざけて詠んだ詩をスクープ(?)してみました。

今の日本なら、愛人を囲っている政治家がこんなふざけた詩を作っていることが発覚したら、炎上間違いなしですが、なにしろ、三千世界の烏を殺してでも女と朝寝をし、おもしろきことのなき世をおもしろくしてしまう男、高杉晋作ですから、そんなことは気にもとめないでしょう。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly