Return to site

涼を求めて

“避暑(西郷隆盛)”―『日本の漢詩文』

· Medium,日本の漢詩文

梅雨明け後、連日、酷暑が続いています。かつて自然の中に涼しさを求めることができた時代、西郷隆盛が詠んだ納涼の詩を紹介しました。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly