Return to site

桂小五郎、太平洋を望む

“戊午夏到常州銚子浦(木戸孝允)”―『日本の漢詩文』

· 日本の漢詩文,Medium

日米修好通商条約が締結された激動の年の夏、桂小五郎(木戸孝允)が銚子口から太平洋を望んで詠んだ詩を紹介しました。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly