Return to site

四侯会議のため上洛する松平春嶽

“ 聞島津隅州乘火舶赴京師有此作(松平春嶽) ” ― 『日本の漢詩文』

· 日本の漢詩文,Medium

今から150年前、慶應3年4月(1867年5月)、四侯会議参加のため、会議開催を主導した薩摩の島津久光の上洛にタイミングを合わせて福井を出発する直前の松平春嶽の詩を紹介しています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly