Return to site

ベルリンのソーダ売り

“ 賣漿婦(森鷗外) ” ― 『日本の漢詩文』

· 日本の漢詩文,Medium

梅雨入り前というのに気温がどんどん上がり、冷たい清涼飲料水が恋しい季節となったので、ドイツ留学中の森鷗外がベルリンのソーダの売り子を詠んだ詩を紹介しました。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly